山本かまぼこ店
MENU

高知室戸いごっそうの味

皿鉢料理の
花形食材に肩を並べる、
かまぼこ、てんぷら。

旬の海の幸、山の幸を大皿に盛りつける皿鉢(さわち)料理は、五穀豊穣を願って神前に供えた晴れの日のお料理です。その大皿の中で魚の旨みを練りこんだ、てんぷらやかまぼこは、伊勢海老やかつおのたたきと肩を並べる逸品。大皿に料理を盛りつけることで、食事の支度をする女性もともに食卓を囲むことができたといいます。

いい塩と、いい水と、
自然食材でつくりました。
保存料、甘味料を使わない、
いごっそうの味です。

いごっそうとは土佐弁で頑固で正直すぎるほどまっすぐという意味。保存料を使えば日持ちがし、甘味料を使えば手軽に旨みを出すことができます。でも、いごっそう。自然な素材を組み合わせることで生まれる健康的なおいしさ、体がほっするおいしさを妥協することなく、食材と塩、水、油でつくりだしています。